ループギター ギターの練習とルーパー等機材紹介 英語

ギターの弾き方と英語

エフェクター 動画 機材

ギターで歌えるエフェクター BOSS VO-1 VOCODER

投稿日:

BOSS ボコーダー VO-1ってどんなエフェクター?

NAMM2016で展示されたbossのVO-1ボーコーダーというエフェクターがかなり変わっています。

簡単に言うとギターからのインプットとマイクからのインプットをエフェクターに取り込んで合わせた音を出力するという感じです。

公式サイトより引用

VO-1 は、ギター演奏に人の声による表現力を追加する革新的なエフェクターです。一般的にボコーダーは、シンセサイザーで用いられるテクノロジーで、シンセ音に人の声のキャラクターを適用することによって、まるで人が歌っているようなサウンドを出すことを可能にします。このサウンドは、今やクラブ音楽だけでなく、多くのロック、ポップ・ミュージックで聴くことができます。VO-1 では従来のコンパクト・ペダルと同様の簡単操作で、こういったエレクトリック・ボイスと呼ばれるサウンドを得られます。マイクとギターをVO-1 に接続すれば、文字どおりギターを歌わせることができるのです。

ボス ボコーダー

VO-1の4つのボコーダーモード

VINTAGE モード

耳馴染みのあるボコーダーサウンド

ADVANCED モード

より発音が聞こえやすくなった新しいボコーダーサウンド

TALK BOX モード

トーキングモデュレーターサウンド

CHOIR モード

マイク入力なしで自動的に音声を付加するボコーダーサウンド

BOSS VO-1の動画紹介

まずは公式、かっこいいですね。こんなにかっこよく出来るかなという不安も出てきます。

 

実演の様子

 

youngguitarmagazineの動画、vintageモードとadvancedモードの違いがわかりやすいです。
CHOIRモードではアルペジオを弾いています、なので和音に対応できることがわかります。
しかし、コルグのミクストンプのような発音の遅れがあるかどうかは確認しづらいですね。

 

CHOIRモードではバックでシンセが流れてるような感じですね。

BOSS VO-1は2016年3月5日に27,000円(税込)で発売されてます。

-エフェクター, 動画, 機材
-, ,

Copyright© ギターの弾き方と英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.